大宇宙から受け取ったエネルギーをみんなに発信しまっす。
uraraから発信するエネルギーうけとってね♪(*^_^*)

メールは一番下にあります♪

profile
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
comment
selected entries
new entries
UPUP♪(^0_0^)up heart
uraraおすすめbook
welcome
無料カウンター
HIT商品を探せ!
SOZAI
about urara  


by NOB//thanks//




うららへのメール
link
sponsor
recommend
categories
archives
others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -

心地よい
 いやー、やっぱこのブログは心地よい。

140文字だとたいしたことかけないし、誤解のないようにするのが面倒。
FBは、リアルにあったことあるなしかかわらず、つきあいの深さがそれぞれ違うので、
記事を書くのがちと大変。


でも、ここはほどよい距離感だし、見る人が少ないので、なんでもかける(笑)


前にも書いたけど、目標60歳やね。


60歳でぱったり死にたい。

最近さらにそうおもってきた。

長く生きてもいいことない。

医療の進歩なんてあたしにはどうでもいい。

無駄に長生きして後世に何が残せる?

どうでもいいこと / 10:34 / comments(4) / -

いや・・・ほんと(>_<)
 こんちわ。

最近、ここ見る人すくないから(笑)
(ってか、あたしが更新しないから?)

すきなことかけちゃう(笑)



いやー。


ほんっと。


もてるんですわ。


あ・・いきなりすみません(笑)

モテ話の自慢話?って嫌気がさしてる人はスルーを(笑)
続きを読む >>
uhauha / 14:08 / comments(4) / -

why?
 Hi, hello everyone.


以下の内容は・・察しがつく人は、つくとおもいますw

個人情報保護のため  ソッとしておいてあげてください(笑)




イタリアンシェフに


「たべにいくよ!よろしくっす」と

お願いしたDM送ったら


なぜか、途中から人生相談になってきて


むこうはイタリアン料理に例えて話すから はじめはなんのこっちゃわからんかったけど

だんだん、こちらの回答に業を煮やしたのか


ダイレクトに「女」という言葉をつかってきた(・_・;)



悩んでたんですね。深くはききませんでしたけど、彼女ですかね?

なんだか、もめたそうで。


女ってのは!って文面になってきて、

でも、女ってそういう生き物で、わたしが特別、少し冷静なだけで。。。



男と女はどこまでいってもまじりあわんのですわ。

どこで割り切るかってとこですね。


女の特性を存分に分かってあげてほしいとおもいます。


いや。きっと男性側も 男の特性わかれや!ってとこだとおもいますが、


そこはどちらかが大人になって


引くところは引いて、うまく納得してやっていかないと


無理ですわw






どうでもいいこと / 17:52 / comments(5) / -

 うわ〜なんかおちつくわ。
ここのブログ。

うららワールド全開やし。

かんぺきなまでにあたし好みのテンプレ。

- / 08:59 / comments(0) / -

ふふふんふーふーん
 ほんとね、最近ね、大人になった自分。

一呼吸おけるようになったし、相手の事情ってのもわかるようになった。

人生あと少ししかないから、そろそろ大人の分別ついてもいい時期なんだと納得。

わたしは、60まで生きたら充分やねん。

それ以上は望まん。

どうでもいいこと / 17:34 / comments(6) / -

そか〜
 ブログね。

たびたび書くことにする。


うん。


clearさん コメ閉じたんだね。


ん〜。


しもちゃんブログやってんの?FBは?

ん〜。


F&Pさんはツイッタで絡んでるし、

やぐさんは、連絡くれるし・・


のぶりんは、いつでもいるし(笑)


あ、のぶりん荷物とどたいけ?
どうでもいいこと / 19:29 / comments(4) / -

大人になった
 ここ2〜3年で、随分大人になったと実感する。

行動範囲も広がったし、つきあう周囲の仲間にもいままでにないカテゴリーの人達が増えた。

すんごいありがたいこと。


前は、ちっさい自分の世界にとじこもってたけど(これでも)

いまはね、ものすごーくひろーい世界に飛び込んだ気がする。

流れに身を任せるとか、時間を置くとか、そんなことを身に付けた。

その半面、もちろん、切り捨てたもの、失ったもの、去ったものもあるのだ。

アウトプットするからインプットがある。

捨てなければ新しい世界なんて




ないのよね。








clear skyさん まじ転勤なる前に連絡ちょーだいよ!!
大切なこと / 19:18 / comments(4) / -

おひさしぶり〜ぶり〜ぶりー♪
 いや〜ほぼ半年ぶりにひらきました♪

それは、ある人からのラブコールで(笑)

ブログ再開を待っていてくれる人がいるんですね〜ありがたいですわ(^_^



ってことでここで レスを返したいと思います♪


やぐさん♪
ほんと、ぽつぽつですけどメッセージくださってほんとうにありがとう(^−^)
すごーくすごーく励みになります。
この世でね、気にかけてくれてる人がいるってだけでもとても癒されます♪
がっこのお仕事がんばです!!!





clear skyさん♪

ほんとに、いつも気になってるんですよ。あのご夫婦はお元気かしらん?って。
転勤になる前にお会いしたいですね。
おこちゃまの相手なんて私おてのものですよw
連絡おまちしております。
スマホにメールください。



しもちゃん♪

よく、このアドレスおぼえてたね〜うれしす〜(^−^)
元気?あたしね、しもちゃんの博多弁ちょ〜好きなんよ
博多弁っていうかね、イントネーション?とそのしもちゃんのムードがね、癒しw
しもちゃんの

「うらりーん」って呼び方好きなのよ(笑)
去年お邪魔した時は楽しかったね〜。
旧知の仲ってな具合でw
また時間とお金があったら遊びにいきたいな。東京くるときあったらおせーって。



- / 19:08 / comments(2) / -

おひさしぶり
 いやいや、かなり放置ですな。



たまに、


もんのじいさん

どうしてるんだろ?って

おもいます(笑)
- / 16:29 / comments(10) / -

斜陽館
 
昨日の昼ころ。

あまりの天気の良さに電車にのりたくなりました。それもローカル線ってことで、

木造の「斜陽館」めざしました(遅


車で行くのがこの時間からなら確実ですが、自由気ままな身とふらり旅が大好きなワタクシは青森からローカル列車で行こうと青森市に向かう車中で決め、もどれなかったら1泊すりゃーいいっやってな感じで宿泊セットも持たず プラプラとでかけました。


時間がないとおもいつつも途中下車で買い食いなぞをしてたら(^^ゞ
14時近くに青森市へ。

駅近くの駐車場へ入庫し。。。はて?津軽鉄道にはどっからのったらええの?

って観光案内所にいきました。すでに14:30。



観光案内所の人からは女一人で今から斜陽館見学は無謀ですよ、夜道もまっくらで街灯もないし、宿も数軒しかありません・・みたいな、忠告をされて(^^ゞ
でも、行きたいと言ったら行きたい!1度きめたことはやらなくちゃ気が済まないワタクシ。


どんな方法でも行って無事安全に帰ってくるぜぃ!(観光案内所の)おねーさん♪

って逆にアドベンチャー気分でたのしくなっちゃって(笑)


。。。。。。。。で。肝心のワクワク楽しみの津軽鉄道は?って聞いたら

五所川原からしか発車しませぬ。と言われ ショック(@_@)

イッキにテンションさがりまくりのうららさん、よーやくよーやく声をふりしぼり・・・「で・・五所川原まではどうやっていきますのん?」とよわよわしい声でききましたでごわす。

「バスか五能線になります。今からでは、バスしか時間的に斜陽館の閉館に間に合いません」と半分呆れられながら(笑)説明され、

バスで五所川原駅へ(乗車時間1時間)→待ち時間40分→津軽鉄道(30分)→徒歩(5分)で斜陽館=17:15着(閉館18:00)ぎりぎりっす。



一発勝負のハードスケジュール決行!



木造はきっと寒かろうと半そでに長袖のカーデで来たことをめっちゃ後悔し(実は自宅玄関に上着を忘れてきただけ)、子供の遠足か!ってなくらい(笑)おにぎりやらハンバーガーやらお茶やらチョコを買いまくりバスへ。
ちっ!リュックにすりゃーよかった。


景色を堪能しつつツイッターや友達にメールやらフェイスブックやらやってるうちに車中飽きもせずにあっという間に五所川原駅に。
・・・・・で。
津軽鉄道どこよ?どこどこ?JR駅舎はある。

あぁああ!!あった。ふっるーいむかーしの映画でみたことのある小さい駅。時刻版も筆文字、漢数字で縦書きでかかれてあり、呉服屋のプライス表示か!ってな趣。
切符売り場の窓口も昔の白黒映像にでてきそうな木枠。
うっわ〜すっげ〜情緒ある。改札どこ?って探したら、なんだか裏口かよってなくらいのただの、鉄の低い檻?みたいなのがあってせっまーい。


窓口のおばちゃんと少し会話を楽しみつつ立ちねぷたの館へGO!


でかいん〜ね〜たちねぷた。
初めてみました。すぎちゃんがツイで「いや〜ん〜おおき〜」って書いてたけど、ほんと下からみあげてもうえの絵が見えない。
でも、たちねぷたの館はねぷたを囲むように4Fまで観覧通路があるから上の絵と対等な位置でみることができた。


五所川原駅までもどり、ようやく念願の津軽鉄道乗車。
ワクワク♪ワクワク♪
ハンバーガーとおにぎりホオバリ♪ランランラン♪(^v^)

田舎道を突き抜け、春は桜の回廊になるであろう葉っぱだらけの桜並木をくぐり、だんだん田舎のかほりがただよう自然の奥の奥の奥に突入。
(でも田舎っぽさからいったら今夏行った長野の角間には負ける。)

景色をぼ〜って眺めてたらあっという間に木造についちゃった。
危うく、降り忘れるとこで、どたばたとそこらへんの荷物をカバンに押し込み転がるようにしてホームに降り立った(笑)

うわ・・・せまー。
改札?みたいなとこ抜けて外にでた。
観光地によくある標識がない。
「斜陽館あちら」とかっていうやつ。
駅前に観光案内マップがあったのでみた。


なるほど。

狭い町なので、どこからどう行っても斜陽館に着くらしいのね(笑)

だから案内板がないんだ。

とにかく目の前にある2〜3本の道どれを行ってもいいらしい。

ということで目の前の道を進む。

細い路地を入ってみた。

昔ながらの家ナミもあり、太宰はこんなところもきっとあるいたに違いないと思いを馳せながら。

細い路地でも途中に標識がある「着きあたり右へ斜陽館」って。

プラプラ歩いて着きました。


あの、斜陽館。

きっと車できたならば、こんな散策できないだろう、津軽の山並みと
かほりを堪能できないだろうと・・・



大きいのね。
金持ちやないかい。
あの細かい神経の・・悩みの持ち主はここでそだったんかい。
ボンボンやないかい。
ご両親も立派で、
寺山と大きな差があるではないかい。



ということで私の初斜陽館来訪は幕を閉じるのであります。



寺山と太宰を私はコケティシュというワードでカテゴリー分けしている。
そこらへんのことはまた今度書いてみようと思う。
sukisuki / 13:30 / comments(2) / -


<< New   /   Old >>