大宇宙から受け取ったエネルギーをみんなに発信しまっす。
uraraから発信するエネルギーうけとってね♪(*^_^*)

メールは一番下にあります♪

profile
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
comment
selected entries
new entries
UPUP♪(^0_0^)up heart
uraraおすすめbook
welcome
無料カウンター
HIT商品を探せ!
SOZAI
about urara  


by NOB//thanks//




うららへのメール
link
sponsor
recommend
categories
archives
others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -

india〜最終
 最終日の宿泊はまたメトロポリタンへもどってまいりました(^v^)




最終日は墓ですね。

タージマハルに似てる。

これをみて、タージマハルをたてたらしいです。

ここは完璧 インドの一般人がいないので、ゆっくり観光できました。



そして

ニューデリーは都市なので ショッピングセンターもあります。



ここもセキュリティーがすごいです。

センターへ入るにもチェックあり。

荷物も預けて店内へ。

かくショップに鍵がかかっていて警備員がたっている。

いちいち入口で開錠してもらってはいる。

めんどくさい。

荷物にハンディカムなんてはいってもんじゃ〜説明がめんどくさい。


観光の途中に寄ったんだ!と説明しても10分は拘束され、ようやく中へ入った。


とにかくめんどくさいので買い物せずに帰ってきた。


そろそろ帰国です。



続きを読む >>
旅行記 / 23:13 / comments(9) / -

india〜アグラ〜ニューデリー
 
4日目のホテルは

あの 本当に宮殿をホテルにした

タージマハルホテルです。


ちょ〜ちょ〜ちょ〜豪華!

1週間滞在したい(>_<)!!







はい!夜はおぼっちゃまおじょうちゃまの結婚式をホテルの庭でやっていて

ちょ〜豪華なパーティで何百人という客がいて、「観光客だけど交わってもいい?」


って聞いたら「どうぞどうぞ」というのでお言葉にあまえてパーティの一角へ(^_^;)


いや〜すごかった!


このホテルもすごいのに ガーデンパーティもすごかった笑



続きを読む >>
旅行記 / 23:00 / comments(4) / -

india〜ニューデリー〜アグラ
 
2日目のホテルは

おなじみ メトロポリタン。

和食屋がホテル内にもあるし、日本後表示もあるし、TVもNHK入っているし・・笑


3日目は朝から 移動です。

ジャイプールに向けて出発!





途中ローカルレストランにて昼食

これがだいたいインドでの定番の食事みたいです。

カレーはそんなに辛くなかった笑

ま〜おいしいですね〜(●^o^●)





ここはカーリー寺院

檀家さんがみなお金持ちだそうで、立派な寺院でした。


ジャイプールにいく途中も農道や田畑の道をとおってくるけど、

貧しいですね〜。

ゴミの山ですね〜。


牛と馬と犬が道路にふつうにいる。

とくに牛は敬われているから牛の行列まちで車がストップしている。



続きを読む >>
旅行記 / 22:18 / comments(2) / -

indei〜コルカタ〜マザーハウス
 2日目です♪




マザーハウスに行く途中

コルカタの町並みです。

サリーを着た人がたくさんいます。

っていうか普通の格好している人は一切いません。

とにかく車が多く、人が多く・・

うるさい。


うるさい。うるさい。うるさい。うるさい。


交通規則あるらしいけど、全く守られていない。

2車線を3列で走っているし、逆走はいるし、救急車がくるけど渋滞で前へ進まない。

霊柩車もみた。

ガラス張り?透明なの。

その中に花で囲まれた死人が横たわっていて、あしは真っ赤にそめられていた。

続きを読む >>
旅行記 / 21:38 / comments(5) / -

india〜デリー→コルカタ


日本を出発してエアーインディアにてデリーへ。

約8時間後デリーへ到着。


出発前にのぶさんが エアーインディアは 「空飛ぶ、マハラジャ?」っていってた笑

HPに書いてあったと・・汗

でも・・空飛ぶ マハラジャ・・なんてもんじゃない・・・下方修正。

さらにのぶさんが「HPにかいてあったけど、ブルガリアヨーグルトが機内食ででるよ」

といったけど、日本製のヨーグルトがでた。



トランジットでコルカタ行きのボーディングパスを手配したら、

荷物が行方不明とのこと(^_^;)

コルカタのトランジットでは、わたしたち1行のほか日本人女性1名、男性1名。

荷物が不明なので探してもらうこと30分。

その間、まったくこみいった英語が通じず。。困っていると、

東京在住の日本語堪能なインド人が助け舟をだしてくれて、ようやくGET!

一安心してフロアに座っていると、ライフルを持った兵隊が普通にロビーにいる汗

インドはかなりチェックが厳しい。

コルカタ行きは国内移動なんだけども、ニューヨークからの直行便に乗るので

国際線になるので再度荷物のチェック。

水ものは当然持ち込み禁止。ボーディングパスも何回も途中チェックされる。

ボディチェックも終え、X線荷物のチェックも終え、

整理をしていると、またボーディングパスのチェックが

入り、1枚1枚番号を控えられる。


せっま〜いちっさい古い型の飛行機に(3列:2列)に乗り込み、座ってみると

みなバラバラな席(笑)

あたしは3列シートの真ん中。

両隣は若いインド人。

荷物を上のバッゲジへあげてもらうようにお願いすると

「sure!」と快く上げてくれた♪


機内食はやはりカレー。

カレーと言っても日本のそれとは違い、野菜煮のカレー風味というかんじ。

とても辛くて(辛いだけでおいしくない)食べられなくて、半分のこした。

1時間半後コルカタへ到着。

20時。

とにかく、インドは警備(チェック)が非常に厳しい。

飛行機を降りて、出口に出るのにも、日本だと入国審査を通り税関を通るだけでしょ?

インドはまた目視で手荷物&X線でケースのチェックをされる。

さらにチェックを完了したという紙テープを1個1個ケースに巻きつける。

それでようやく外に出られる。

とにかく飛行機降りてからも乗るときもボーディングパスは

何回もださなければいけない。

空港の入口を入るだけでもパスポートとeチケットを出してチェックしてからじゃないと

入れない。






。。。。でようやくガイドさんと落合いバスで1日目のホテルへ。













続きを読む >>
旅行記 / 20:52 / comments(4) / -